下取りと買取りの違い

下取りは、新車や中古車など新しい自動車を購入するお店に、それまで乗っていた自動車を引き取ってもらうものです。この場合、無料で引き取られる場合もあれば、値段を付けて買取りされたり、反対に処分するための費用が請求される場合があるなど処分する側にとっては不利になるケースもあります。メリットとしては、同じお店なので、スムーズに乗り換えができるという点があげられますが、処分費用が掛かる場合がありますし、買取られてもその価格が低めといったデメリットがあります。
一方で買取りは自動車を専門に買い取っている業者という違いがあり、車種によっては高値を付けてくれる場合があります。特にプレミアムが付いている車や輸入車などで希少価値のあるものであれば、思わぬ値段が付く場合もあります。また業者も複数回ることでより高く買い取ってくれる業者を探し出すことができるといったメリットがあり、少しでも高く売りたい場合には有利です。ただしデメリットとしては乗り換えのさいに一時的に自動車が無くなってしまうケースがありますし、買取り業者を複数回る場合には、どこが高値を付けてくれたのかしっかりと管理する必要があるなど手続きがやや煩雑になるといったケースがあります。

Comments are closed.