車の下取りと買取り

車の下取りとは、現在乗っている車を売り、新しく買う車の購入資金に当てることを指します。
売却価格は、各社独自の基準を基に、傷などの状態を考慮したうえで決定されます。
この方法の利点は、車を買おうとしているお店ですべての契約が行えるので手間がかからないということと、納車と同時に引き渡してもらえるので代車が要らないということの2点です。
一方、車の買取りとは、買取専門店などに現在乗っている車を売って現金化することを指します。
買い替える場合は、そのお金を購入代金に当てることも可能です。
以前はあまり行われていませんでしたが、最近はこちらの方法を利用する人が増えています。
売却価格は中古車オークションの相場が基になっており、オプションなども加味されます。
この方法の利点は、前者よりも高値で買い取ってもらいやすいということです。
なぜかというと、買い取った車を売却するためのルートが確立されているからです。
また、無料で出張査定をしてくれたり、名義変更などを代行してくれたりするということも利点として挙げられます。
ただし、買取専門店ならどこでも同じ価格で買い取ってくれるというわけではないので、複数の業者を比較するのが望ましいでしょう。

Comments are closed.