車の買い替え時に必要な必要書類とは

車を買い替える際の必要書類は、以下のとおりです。
まず、「自動車検査証」。
いわゆる「車検証」のことで、車を所有するために欠かせない手続きである車検が済んでいることの証明となります。
これは、常に車内に置いておかなくてはなりません。
次は、「自動車損害賠償責任保険証」。
いわゆる「自賠責」の保険証のことです。
車やバイクが公道を走る際は、自賠責に加入していることが必須ですが、それを証明するための書類です。
これも車検証と同様、車内に常置しておく義務があります。
そして、「自動車税納税証明書」。
その名が示すとおり、自動車税を納めていることを証明するための書類です。
これらの他、「譲渡証明書」「実印」「印鑑登録証明書」も必要ですが、譲渡証明書はたいていディーラーなど購入店が作成してくれるので、売却する前に確認しておくとよいでしょう。
また、場合によっては「住民票」や「所有権解除書類」も必要になってきます。
住民票は、車検証と印鑑登録証明書の住所が異なる場合に必要です。
所有権解除書類は、車をローンなどで買った場合、ローン会社が所有者になっていることがあります。
そのような場合は必要になるので、ローン会社に確認しておきましょう。

Comments are closed.