廃車手続きとは

廃車手続きの正式名称は、抹消登録といいます。自分で手続きを行うときには、所有者の印鑑証明書など必要な書類を揃えて運輸支局で申請を行います。申請先は、現在の住所が基準となりますので、現在の住所を管轄する運輸支局にて行うことになります。車をどのような状態に置くのかによっても対応は変わります。解体してしまう場合と、売買を含めて再び使用されることを前提に行う場合があります。
解体を済まされている場合や災害などによって使用できない状態にあるときには、永久抹消登録を行います。一時的にしようを中止するときには一時抹消登録を行います。盗難などに遭った場合にも、一時抹消登録を行うことがあります。車を輸出するときには、輸出抹消登録という手続きが必要となります。
一時抹消登録を行った後、解体や所有者の変更、再使用など状態が変わるときには申請が必要となります。一時抹消登録後に解体を行った場合は、解体届出の申請が必要です。一時抹消登録後に所有者が変ったのなら、所有者変更記録の申請が必要となります。再び乗ることになったなら、中古新規登録の申請が必要となります。
費用については用紙代などがあります。また、一時抹消の場合には用紙代のほかに登録手数料が必要となります。

Comments are closed.