Author Archive

廃車に必要な費用について

廃車のために必要となる費用は数万円程度というのが相場であり、新車や中古車の購入の際に、古い自動車をディーラーに引き取ってもらうような場合であれば、無料で対応してくれるところも多いようです。
こうした費用の内訳としては、まずは解体費が挙げられます。自動車の車体は、自動車リサイクル法の規定によって適正であると認められた自動車解体工場でしか解体することはできませんので、当然ながらそのコストは負担しなければなりません。
これとともに、自動車のリサイクル料金が挙げられます。自動車の解体にあたっては、フロンガスやシュレッダーダストなど、処理方法に注意を要する廃棄物がありますので、これも最終的な自動車所有者の負担となります。リサイクル料金は車種によって異なっていますが、基本的には新車購入または車検の際、すでに預託というかたちで支払い済みのものです。
ほかには運輸支局への抹消登録や解体届出が必要となりますが、こちらは所有者の印鑑登録証明書の証明手数料、届出書のOCRシートの代金などの軽微な出費にとどまります。ただし、書類作成にあたって行政書士のような専門職に依頼する場合については、その分の報酬が別途必要となります。

廃車手続きとは

廃車手続きの正式名称は、抹消登録といいます。自分で手続きを行うときには、所有者の印鑑証明書など必要な書類を揃えて運輸支局で申請を行います。申請先は、現在の住所が基準となりますので、現在の住所を管轄する運輸支局にて行うことになります。車をどのような状態に置くのかによっても対応は変わります。解体してしまう場合と、売買を含めて再び使用されることを前提に行う場合があります。
解体を済まされている場合や災害などによって使用できない状態にあるときには、永久抹消登録を行います。一時的にしようを中止するときには一時抹消登録を行います。盗難などに遭った場合にも、一時抹消登録を行うことがあります。車を輸出するときには、輸出抹消登録という手続きが必要となります。
一時抹消登録を行った後、解体や所有者の変更、再使用など状態が変わるときには申請が必要となります。一時抹消登録後に解体を行った場合は、解体届出の申請が必要です。一時抹消登録後に所有者が変ったのなら、所有者変更記録の申請が必要となります。再び乗ることになったなら、中古新規登録の申請が必要となります。
費用については用紙代などがあります。また、一時抹消の場合には用紙代のほかに登録手数料が必要となります。

下取りと買取りの違い

下取りは、新車や中古車など新しい自動車を購入するお店に、それまで乗っていた自動車を引き取ってもらうものです。この場合、無料で引き取られる場合もあれば、値段を付けて買取りされたり、反対に処分するための費用が請求される場合があるなど処分する側にとっては不利になるケースもあります。メリットとしては、同じお店なので、スムーズに乗り換えができるという点があげられますが、処分費用が掛かる場合がありますし、買取られてもその価格が低めといったデメリットがあります。
一方で買取りは自動車を専門に買い取っている業者という違いがあり、車種によっては高値を付けてくれる場合があります。特にプレミアムが付いている車や輸入車などで希少価値のあるものであれば、思わぬ値段が付く場合もあります。また業者も複数回ることでより高く買い取ってくれる業者を探し出すことができるといったメリットがあり、少しでも高く売りたい場合には有利です。ただしデメリットとしては乗り換えのさいに一時的に自動車が無くなってしまうケースがありますし、買取り業者を複数回る場合には、どこが高値を付けてくれたのかしっかりと管理する必要があるなど手続きがやや煩雑になるといったケースがあります。

車の買い替え時に必要な必要書類とは

車を買い替える際の必要書類は、以下のとおりです。
まず、「自動車検査証」。
いわゆる「車検証」のことで、車を所有するために欠かせない手続きである車検が済んでいることの証明となります。
これは、常に車内に置いておかなくてはなりません。
次は、「自動車損害賠償責任保険証」。
いわゆる「自賠責」の保険証のことです。
車やバイクが公道を走る際は、自賠責に加入していることが必須ですが、それを証明するための書類です。
これも車検証と同様、車内に常置しておく義務があります。
そして、「自動車税納税証明書」。
その名が示すとおり、自動車税を納めていることを証明するための書類です。
これらの他、「譲渡証明書」「実印」「印鑑登録証明書」も必要ですが、譲渡証明書はたいていディーラーなど購入店が作成してくれるので、売却する前に確認しておくとよいでしょう。
また、場合によっては「住民票」や「所有権解除書類」も必要になってきます。
住民票は、車検証と印鑑登録証明書の住所が異なる場合に必要です。
所有権解除書類は、車をローンなどで買った場合、ローン会社が所有者になっていることがあります。
そのような場合は必要になるので、ローン会社に確認しておきましょう。

車の下取りと買取り

車の下取りとは、現在乗っている車を売り、新しく買う車の購入資金に当てることを指します。
売却価格は、各社独自の基準を基に、傷などの状態を考慮したうえで決定されます。
この方法の利点は、車を買おうとしているお店ですべての契約が行えるので手間がかからないということと、納車と同時に引き渡してもらえるので代車が要らないということの2点です。
一方、車の買取りとは、買取専門店などに現在乗っている車を売って現金化することを指します。
買い替える場合は、そのお金を購入代金に当てることも可能です。
以前はあまり行われていませんでしたが、最近はこちらの方法を利用する人が増えています。
売却価格は中古車オークションの相場が基になっており、オプションなども加味されます。
この方法の利点は、前者よりも高値で買い取ってもらいやすいということです。
なぜかというと、買い取った車を売却するためのルートが確立されているからです。
また、無料で出張査定をしてくれたり、名義変更などを代行してくれたりするということも利点として挙げられます。
ただし、買取専門店ならどこでも同じ価格で買い取ってくれるというわけではないので、複数の業者を比較するのが望ましいでしょう。

買い替えまでの平均年数について

車の買い替えを検討する理由というのは人それぞれです。しかし、乗り換えを考えるタイミングというのは多くの人が共通した時期に考え始め乗り換えを行います。まず、車検の時期です。車検は初回が3年後に、その後は2年間隔で車検を受けなければなりません。同じ車を長く乗り続けるためには法律で定められているため自動車を維持するうえで必ず必要な検査です。その車検費用も年数が経つにつれ交換部品も多くなり、車検にかかる費用も高額になりがちです。そのため、その車を下取りや買取りをすることで新しい車に乗り換えたいと考える人も多いです。また、家族構成の変化です。夫婦二人で乗って出かけるだけの場合コンパクトカーで十分であっても、子供ができたり両親を乗せたりライフスタイルの変化によって必要な車というのも変わってきます。これは、数年で起こることもあれば、長い間起こらないかもしれません。そのため、ライフスタイルが変わった時は車の乗り換えるタイミングにつながります。このように、車検や家族構成の変化という節目の時期に車の乗り換えを考える人が多く、その時期は人それぞれなので平均年数はまちまちです。あなたが他の車が必要と感じた時こそ乗り換えタイミングです。

買い替えと必要書類

自動車を買い替えすることを希望している方の場合では、新車を販売するディーラーを利用したり、中古車販売業者を利用することがあります。現在では中古車をメインとして買取りを行っている業者も増えていることによって、古くなった自動車であっても、売却を行うことは十分に可能とされています。そんな中、買い替えを行う際には、必要書類というものも用意することが求められていることによって、事前に準備を行うことも必要な場面があり、いくつかの手続きも合わせて必要になるケースがあります。例えば車検証は必要とされており、自賠責保険の保険証も大切な書類に分類されています。印鑑証明書や納税証明書なども必要とされており、印鑑証明に関しては役所で発行してもらうことが一般的になります。委任状や場合によっては住民票が必要になるケースもあり、合わせて実印も用意する場面があります。他にはリサイクル券なども必要とされており、通常では車検証とセットにして保管をしていることが多いものとしても知られています。現在では専門業者等に依頼をすることによって、面倒な作業を代行してもらうことができるシステムを持っていることが多いものですが、自ら用意しなければならない書類があり、準備することによってスムーズに買い替えを行うことができます。

最適な時期とは

クルマを乗り換える最適な時期というのは、買い替えに対する考え方によって大きく違ってきます。主だった買い替えのタイミングをあげてみると、まず現在使っているクルマが寿命を迎えたり、事故を起こしてそれ以上乗ることができなくなってしまったときです。突然の買い替えになるので、次に乗るクルマをゆっくり検討する余裕がない場合が少なくありません。

二つ目に、ほしいクルマが登場したときです。この場合は新車購入がメインの買い替えになるので、買い替えも楽しいものです。新車が登場したばかりのときは値引きが渋いので、3月の決算セールまで待つことができれば大きな値引きを引き出せる可能性が高くなります。また逆に新車が登場することがわかっている場合、末期モデルの投げ売りセールを行うようになります。末期モデルであっても、新車を安く買いたいという方にはおすすめのタイミングになります。

三つ目に、現在乗っているクルマがまだ高値で売却できるうちに買い替えるということです。クルマは年数が経てば経つほど価値が下がります。そのために3年目、5年目など、まだ高値がつくうちに、早目、早目に買い替えるわけです。バブル時代は3年毎に買い替える人が多かったですね。

車の乗り換えと選び方

車を乗り換えるのはどんな場合があるでしょうか。
一つの車種にずっと乗り続けていて、新しいモデルが出たので買い換えることもあるでしょうし、故障したり、不具合が出たので換える場合もあるでしょう。
また経済的な面から考えて換える場合もあります。
いずれの場合にしても、今後買い替えた車とどのような付き合い方をするかをしっかりと考えてから選んだほうが良いと思われます。
子供が生まれた場合は、チャイルドシートや大きな荷物を載せることになるでしょうから、ワンボックス、ミニバン、ステーションワゴン等を選択することが多いでしょうし、スキー、スノーボード、キャンプ等のアウトドアが好きな場合にはSUVやステーションワゴンを、子供が大きくなって一緒に乗ることがなくなった場合にはコンパクトな軽自動車やスポーティなツーシーターという選択もあるかもしれません。
その他にはガソリン代や税金、保険代金を節約する為にハイブリットカーやエコカーを選ぶ場合もあるでしょうし、近場しか乗らないのならば電気自動車という選択もあります。
色んな車の選び方がありますが、決して安い買い物ではないので、それぞれの用途に合わせて後悔しないようにベストの選択をすることが望ましいでしょう。